病院案内

ホーム > 病院案内 > 部門紹介(放射線科)

部門紹介(放射線科)

放射線科のご紹介

部門方針

 近年の画像機器の進歩は目覚ましいものがあります。微細な病変の抽出・評価が以前に増して求められるようになり、それにより医療被ばくの増加も懸念されるようになっています。当院でも新しい機器やシステムを導入し、医療の高度化を目指しています。高性能機器はどう使いこなせるかが重要かつ難しい点で、検査テクニックを駆使し診断に役立つ画像を作らなければ意味がありません。

そのために私たちは

  • 迅速かつ正確な検査を心がける
  • 患者さまへの負担の軽減を常に考え撮影法を選択する
  • 医師が気付かないような異常まで見出すこと
  • 他の検査に頼らず、自分の持っている機器の特性を最大限に活かす
  • 被ばくを最小限に抑えるよう努めることを放射線科のモットーとし、日々の業務にあたる

検査機器のご紹介

CT装置

 64列マルチスライスCTを使用して1mm以下の厚さの薄い画像を撮影する事や、造影剤を使用して画像に濃淡を付けることで通常のX線写真では分らないような詳細な情報を得ることができます。 また、従来の装置よりも高速で撮影する事が出来るようになったため、いままで長時間の息止めが必要だった検査も短い時間で撮影でき患者様の負担も少なくなっています。 撮影された画像は専用のワークステーションと呼ばれる画像処理装置を使用して、心臓や血管、骨などの3D画像を作成することで分かりやすい画像の提供も行っています。

MRI装置

 MRI検査は、強い磁場を有するトンネルの中に身体を入れて、磁石の力と電波を使って身体の内部の様子を画像化する検査です。いろいろな角度から体の断面を画像化することができ、特に脳や脊髄、関節、血管などの詳細な情報が得られます。 X線を使用しませんので放射線被曝はないのが1番の特徴です。また、脳ドッグにもすぐれています。

血管撮影装置

 血管撮影検査は足の付け根、肘、手首などの動脈から細い管(カテーテル)を挿入して行います。透視画像(X線)を見ながら目的の血管までカテーテルを進めていき、造影剤を注入して撮影することで血管の走行や状態、腫瘍の染まりが分かりまた、血管内治療などでも広く使われています。
血管形成:動脈硬化などで心臓や足の狭くなった血管を、風船で拡張し、ステントと言われる金属で出来た網目状の物を入れて広げます。
血管塞栓(脳動脈瘤や肝細胞癌など):頭などの血管のこぶ(動脈瘤)や、がん組織に栄養を与える血管に詰め物を詰めて閉塞します。動脈瘤であれば血流を正常になり、がん組織であればがんが大きくならないようにします
アブレーション(不整脈治療):心臓の拍動リズム異常からくる“頻脈性不整脈と言う病気に対して行う治療法です。カテーテルを入れて、心臓内部の不整脈の原因になっている部分を高周波電流で焼き切る治療法です。

近隣の医院・クリニックの先生方へ

検査について

放射線科では近隣クリニック諸先生方のご依頼のもと、画像診断を提供させていただいています。

  • レントゲンやエコーはしたけれど、もう少し詳しい検査をしたいな
  • 今から直ぐに検査をしてほしい。
  • 患者様の都合の良い日が、休日か夜遅く

・・などとお考えの際は、ぜひ当院の64列マルチスライスCTや1.5テスラMRIをご利用ください。体内・病気の様子を鮮明、詳細に写し出します。

平日:〜20時まで、土日:〜17時まで予約可能です。できる限り対応させていただきます。(検査の内容によります)お電話にて、ご都合の良い日時お申し付けください。放射線科では、希望日、及び最短日を予約します。

読影について

当院は兵庫医科大学 放射線医学教室より非常勤医師として3名の画像診断専門医の先生方に来ていただき、質の高い正確な画像診断を提供することが可能となります。

予約について

放射線科直通:078-705-3517

@ ご希望日時 A 患者様氏名 B 生年月日 C 検査内容 ・・・を、お知らせください!
また造影検査については別途同意書を用意させていただいています。当日は、診療情報提供書もお持ちください。

このページのトップへ