平成27年度 神戸徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 16 26 86 89 137 193 333 584 743 312
【解説】
平成27年度の退院患者様の人数を10歳階級別に集計しています。(90歳以上は1つの階級となっています。)年齢は、入院時年齢です。
当院周辺には、介護福祉施設等が多く、60歳以上の占める割合は、78.3%、70歳以上は、65.1%、80歳以上は41.9%とご高齢の患者様が多くを占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 164 34.11 21.7 7.93 82.57
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 103 27.34 14.3 1.94 67.53
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 70 25.01 12.6 2.86 79.34
【解説】
内科では年齢階級別で述べたように、当院患者様は、周辺に介護福祉施設等が多いためか、比較的ご高齢の患者様が多くを占めています。
そのため、ご高齢の方の誤嚥性肺炎・肺炎や尿路感染症等の患者様が多くみられます。
当院では、摂食、嚥下検査も実施しており、必要に応じて、言語療法士による嚥下機能訓練を行っております。

<その他>(上記以下)
体液量減少症疾患 61症例、代謝障害関連疾患 54症例、腸閉塞関連疾患 41症例、憩室性疾患 41症例、食道、胃、十二指腸、他腸の炎症関連疾患 28症例、糖尿病関連疾患 24症例、アルコール性肝障害関連疾患 24症例、胃十二指腸潰瘍関連疾患 29症例、細菌性腸炎関連疾患 23症例、腎不全関連疾患 20症例、急性腸炎関連疾患 19症例、低ナトリウムや低カリウム血症疾患 19症例 、虚血性腸炎関連 18症例、呼吸不全関連疾患 16症例 等の治療実績があります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 13 5.77 6.7 0.00 46.69
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 19.00 10.6 25.00 68.92
060150xx02xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 定義副傷病 なし 11 8.18 9.5 0.00 51.36
【解説】
当院での虫垂炎では、年齢層が50歳前後の患者様が多く、全国平均より早期に退院ができております。
胆嚢水腫、胆嚢炎では、患者様は下記の症例数のように、実績としましては倍以上の患者様の治療を行っております。

<その他>(上記以下)
虫垂炎関連疾患 29症例、胆嚢水腫、胆嚢炎関連疾患 28症例、腹膜炎、腹腔内膿瘍関連疾患 10症例、腹腔のヘルニア関連症例 6症例 等の治療実績があります
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 44 3.16 4.9 0.00 72.14
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 34.07 18.3 2.38 81.17
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 2.51 3.1 2.44 73.00
【解説】
循環器科で多い患者様は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)となっています。
当科では、虚血性心疾患に対し、心臓血管カテーテル検査や血管内治療を行っています。また、今年度では、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション(心筋焼灼術)も行っています。

<その他>(上記以下)
狭心症関連疾患 99症例、心不全関連疾患 106症例、頻脈性不整脈関連疾患 19症例、徐脈性不整脈関連疾患 37症例、高血圧性関連疾患 21症例 等の治療実績があります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx99xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術なし 11 24.09 14.8 0.00 76.64
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 18.36 6.0 0.00 77.27
050163xx99000x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.7 - -
【解説】
心臓血管外科としては、冠動脈疾患でのバイパス手術、弁膜疾患の心臓弁膜症、心房細動,不整脈や大血管疾患の動脈硬化、腹部大動脈瘤、心性瘤及び乖離等の治療を行い、また、静脈疾患や末梢血管疾患の下肢静脈瘤、閉塞性下肢動脈硬化症の治療も行っています。

<その他>(上記以下)
閉塞性動脈関連疾患(手術) 22症例、解離性大動脈瘤関連疾患(手術) 8症例、非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤関連疾患(手術) 6症例、弁膜症関連疾患(手術) 4症例 等の治療実績があります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 20 51.80 21.5 15.00 79.70
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病 なし - - 16.8 - -
160720xx99xxxx 肩関節周辺の骨折脱臼 手術なし - - 18.8 - -
【解説】
当院では、高齢の患者様が多いですが、胸椎、腰椎の骨折患者様を受け入れ、自宅などで転倒などによる股関節大腿近位骨折や肩関節周辺の骨折脱臼の患者様に対して早期にリハビリを実施を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 38 29.95 18.1 5.26 76.39
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 20.14 7.5 13.79 73.59
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 33.22 15.8 22.22 71.33
【解説】
当院での脳梗塞関連の症例では、67症例あり、それ以外におきましても頭蓋・頭蓋内損傷関連疾患が30症例、脳血管障害関連疾患 15症例、非外傷性頭蓋内血腫関連疾患では12症例があり、必要に応じてリハビリ訓練を行っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 13 24.23 12.6 7.69 84.00
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 10.2 - -
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 - - 10.4 - -
【解説】
当院では、女性の尿路感染症に対しては、女性特有の疾患を考慮し、婦人科にて診療を行っています。
また、子宮や卵巣の腫瘍の摘出術を行い、患者様の早期退院に努めています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
当院での初発5大癌ならびに再発患者様数は、約20名となっています。
癌疾患にて入院される患者様は、年間100名程ありますが、主に継続的な化学療法目的の患者様です。
当院にて、内視鏡下での手術等を行っていますが、必要に応じ、がんセンター等へのご紹介をしております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 27 11.81 43.78
重症度 1 23 25.3 74.7
重症度 2 15 48.33 83.47
重症度 3 - 46.75 87
重症度 4 - 19 77
重症度 5 - - -
不明 - 12 66
【解説】
成人市中肺炎診療ガイドライン「A-DROP」の重症度別に集計したものです。
重症度が高くなるにつれて、患者数が少なくなりますが、年齢層は高くなり、また平均在院日数も長くなります。
重症度が低い患者様は、平均在院日数が短く在宅への復帰をされています。
重症度3,又は4については患者数が10以下になりますので、表示できておりませんが、介護施設、福祉施設へ退院されています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 4.67 70 -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 55 32.8 75.29 10.14
その他 14 69.36 75 2.9
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 7 82.67 -
その他 - 9.75 79.25 -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 6 77 -
その他 - 25.4 65.8 16.67
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - 2 59 100
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
【解説】
当院では、脳梗塞の患者様が多く、早期に点滴療法やリハビリテーションを行います。症状に応じて、言語療法士による言語療法や嚥下機能療法を行い、患者様のQOLの回復に努めています。
また、医療型療養病棟を併設していますので、継続的なリハビリテーションが可能となっています。
手術を必要とする患者様については、大学病院と連携し、早急な転院をおこなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2cm未満 20 5.55 13.50 5.00 75.80
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 19 9.74 17.95 0.00 85.89
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 16 60.94 103.56 31.25 83.44
【解説】
当院の内科疾患には、消化器内科疾患、腎臓内科疾患等が多く含まれます。
消化器内科疾患に対して、内視鏡下・腹腔鏡下による患者様にとって負担の少ない手術を行っています。

<その他>(上記以下)
内視鏡的消化管止血術 15件、気管切開術 8件、内視鏡的食道及び胃内容物摘出術 6件、内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの 5件、内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 5件 等の手術実績があります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672 胆嚢摘出術 11 5.73 17.91 0.00 77.55
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 10 1.30 5.90 10.00 62.80
K7182 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの - - - - -
【解説】
平成27年度は、外科医の減少もあり、手術件数が減少しましたが、平成28年度は体制を整え、また、消化器内科医との連携を強化し、消化器に対する手術を積極的に行っています。
その他の臓器に対して多様な手術症例を行っています。

<その他>(上記以下)
ヘルニア手術鼠径関連 17件、ヘルニア手術腹壁関連 2件、虫垂切除術関連 24件(腹腔鏡下を含む)、結腸切除術関連 7件、胃吻合術関連 7件、小腸切除術 5件、腸管癒着症手術 5件 等の手術実績があります。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 58 4.03 15.02 1.72 74.78
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 12 0.08 4.17 0.00 71.50
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 10 15.30 31.00 10.00 85.60
【解説】
循環器科で多い手術は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術となっています。
また、内科医や心臓血管外科医と連携し、四肢の血管拡張術等も行っています。
平成28年度には、頻脈性不整脈に対して、カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)を開始しました。

<その他>(上記以下)
経皮的冠動脈ステント留置術関連 67件、ペースメーカー交換術関連 3件、経皮的カテーテル心筋焼灼術関連 2件 等の手術実績があります。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 27 15.44 35.56 11.11 77.89
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 21 14.24 4.14 0.00 75.62
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 14 20.36 41.07 7.14 72.57
【解説】
当院の心臓血管外科は、上記の表の1番目、2番目の末梢血管関連の手術を行っていますが、下記の記載の通り弁置換手術等の開心手術症例も多く行っています。

<その他>(上記以下)
弁置換術関連 5件、大動脈瘤切除術関連 7件、大伏在静脈抜去術 5件、胸腔鏡下肺縫縮術関連 6件 等の手術実績があります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 25 0.98
異なる - 0.12
180010 敗血症 同一 97 3.8
異なる 48 1.88
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.12
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0.35
異なる - -
【解説】
当院の退院患者様は、70歳以上が65.1%とご高齢の患者様が多くを占めます。
そのため、入院時点で急性呼吸不全、敗血症や播種性血管内凝固症候群など重症な患者様が多く、全国と比べて請求率が高くなっています。
当院ではそういった患者様を複数の診療科で、チーム医療として急務な医療体制に努力しています。
更新履歴
H28.09.30
初版 作成

このページのトップへ