平成28年度 神戸徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 8 18 49 50 100 198 304 490 756 296
【解説】
平成28年度に退院された患者様の人数を10歳刻みで集計しています。(90歳以上は1つの階級・年齢は、入院時年齢)
平均年齢は74.3歳、中央値は52.5歳となります。全体における患者様の割合は60歳未満の方が18.6%、60歳以上の方が81.3%です。全体の46.3%は80歳を超える患者様となっており、ご高齢の患者様が多く占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 94 31.36 21.25 6.38 83.47
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 51 24.35 12.43 3.92 81.18
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 40 46.83 19.27 2.5 78.68
100380xxxxxxxx 体液量減少症 35 17.09 9.33 0 69.06
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 34 140.5 34.8 14.71 80.53
【解説】
内科の症例の大半は感染症であり、ご高齢の患者様が多く誤嚥性肺炎が最も多くなります。
当院では培養検査の精度が高く、治療に役立てております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 68 4.44 4.71 1.47 72.59
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 54 3.72 3.06 1.85 74.28
050130xx99000x 心不全 18 21.06 17.95 0 86.5
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 13 24.69 13.02 0 75.38
050210xx97000x 徐脈性不整脈 13 10.46 11.38 15.38 84.54
【解説】
最も多い症例は虚血性心疾患となっています。当院では虚血性心疾患の緊急時対応も行っており、急性心筋梗塞や不安定狭心症の診断後は冠動脈造影検査を行い、病変が認められた際は、引き続いてステント留置などのカテーテルインターべーション(PCI)治療を行っています。
また当科では発作性心房細動をはじめとする頻脈性不整脈の診断・アブレーション治療にも重きを置いております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 3 2.67 10.17 0 9
040100xxxxx00x 喘息 2 3.5 6.42 0 3
100210xxxxxxxx 低血糖症 2 2.5 6.96 0 5
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 1 3 7.24 0 10
【解説】
病院小児科という立場からは、心エコー・腹部エコーなどの各種超音波検査や血液検査・CTやMRIなどの検査を駆使して、迅速に診断・治療を行えます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 13 23.08 11.97 0 80.08
060150xx02xxxx 虫垂炎 8 10.25 29.21 0 51.75
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 8 9.38 9.08 0 68.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 7 22 21.25 14.29 85.57
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 7 81 20.57 14.29 87
【解説】
当院では消化器外科、一般外科など外科疾患全般の診療を行っています。現在、内視鏡外科の充実を図り、待機手術ならびに緊急手術においても可能な限り積極的に低侵襲な手術を行っています。
がん治療では外来化学療法も含め、ガイドラインに基づいた抗がん剤治療を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 7 53.71 27.63 28.57 85.57
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 4 23.5 23.61 0 81
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 3 2 10.31 0 81.33
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 3 69.33 20.57 0 81.67
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 2 40 26.26 0 81
【解説】
救急病院という性格上、骨折・脱臼・捻挫などの外傷を扱うケースが多いのですが、変形性股関節症・膝関節症などの慢性の変性疾患に対しても積極的な治療を心がけております。
また、整形外科と関連の深いリハビリテーション加療に関しても、入院時の早期から、あるいは術前から理学療法士・作業療法士・言語療法士と密に連携して、能動的に行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 13 21.54 7.52 23.08 72.38
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 8 45.63 19.35 25 75.63
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 8 18.5 16.54 0 64.75
030400xx99xxxx 前庭機能障害 5 3.2 5.24 0 65.8
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 4 19 9.87 0 79
【解説】
脳卒中のなかでは脳梗塞の患者様が多く、特に急性期の脳梗塞に対してはt-PAによる血栓溶解療法や急性期血栓回収療法などを行っております。
早期にリハビリテーションを行い、また回復期リハビリテーション病棟を併設しており継続的なリハビリテーションが可能となっております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 9 17.33 21.25 0 78.33
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 9 77.78 19.24 0 76.11
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 8 30.88 39.7 12.5 75.25
050130xx99000x 心不全 6 19.67 17.95 0 89.33
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 6 8.17 5.85 0 78.33
【解説】
心臓血管外科としては、冠動脈疾患でのバイパス手術、弁膜症疾患、心房細動、不整脈や大血管疾患の動脈硬化、腹部大動脈瘤、心性瘤及び解離などの治療を行い、また静脈疾患や末梢血管疾患の下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症の治療もおこなっています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 2 53 19.35 0 79
010060x0990210 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 2 31.5 24.87 50 78
010160xx99x00x パーキンソン病 2 4 18.71 0 95.5
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 2 286 12.84 0 72.5
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 2 103.5 15.97 50 75
【解説】
リハビリテーション科では体が弱ってしまった方たちに理学療法、作業療法、言語療法の3種類のリハビリで再び有意義な生活を送っていただくお手伝いをしています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 7 8.43 12.43 0 77.29
130090xx97x0xx 貧血(その他) 5 44.8 11.25 0 60.6
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 3 6.33 9.44 0 80
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 2 15.5 13.29 0 78
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 2 4 10.36 0 53.5
【解説】
当院の婦人科は、内科との連携のもとに、女性外来として女性の幅広い病態に対応する体制をとっています。また、外科の協力も十分得られる環境にあり、婦人科疾患の手術・加療も、早期離床・早期退院を目指して行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 2 4 4 0 1 3 1 7
大腸癌 3 1 3 3 7 9 2 7
乳癌 0 0 0 0 0 0 1 7
肺癌 1 0 0 0 2 4 1 7
肝癌 0 0 2 1 6 6 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
平成28年度に入院加療したがん患者さんのうち、初発の5大癌(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)について病気分類別の延べ患者数を集計したものです。
継続的な化学療法目的の患者様です。当院にて内視鏡下での手術などを行っていますが、必要に応じがんセンターなどへの紹介をしております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 21 9 44.67
中等症 52 22.58 79.21
重症 4 12.75 86.25
超重症 14 103.71 72.5
不明 0 0 0
【解説】
成人の肺炎患者様について重症度別(A-DROPシステム)に平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
当院では中等症の患者様が多く、中等症~重症で80歳代、超重症で70歳代と高齢の患者様が多くみられます。
年齢が高くなると呼吸不全の合併が多く、人工呼吸器などの呼吸をサポートする機器の使用も必要となり入院期間も長くなります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 6.5 82 0
その他 8 5 83.25 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 34 55.53 74.88 9.62
その他 18 62.44 77.89 9.62
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 5 5 72.6 0
その他 3 15.67 86.67 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 8 85 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
【解説】
脳卒中のなかでは脳梗塞の患者様が多く、特に急性期の脳梗塞に対してはt-PAによる血栓溶解療法や急性期血栓回収療法などを行っております。
早期にリハビリテーションを行い、また回復期リハビリテーション病棟を併設しており継続的なリハビリテーションが可能となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 18 3 32.44 5.56 73
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 15 46 89.93 20 76.73
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 15 4.27 18.8 0 75.6
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 1.92 19.46 0 75.46
K654 内視鏡的消化管止血術 12 5 20 0 76.58
【解説】
当院の内科疾患には、消化器内科疾患、腎臓内科疾患等が多く含まれます。
消化器内科疾患に対して、内視鏡下、腹腔鏡下による患者様にとって負担の無い手術を行っております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 64 2.72 2.95 1.56 71.91
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 12 2 3.17 0 76.17
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 11 2.18 14.09 18.18 86.18
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 6 0.17 33.33 0 75.33
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 6 1.67 9.67 0 70.17
【解説】
最も多い症例は虚血性心疾患となっています。当院では虚血性心疾患の緊急時対応も行っており、急性心筋梗塞や不安定狭心症の診断後は冠動脈造影検査を行い、病変が認められた際は、引き続いてステント留置などのカテーテルインターべーション(PCI)治療を行っています。
また当科では発作性心房細動をはじめとする頻脈性不整脈の診断・アブレーション治療にも重きを置いております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14 8.5 12.79 0 70.07
K6335 鼠径ヘルニア手術 12 1.17 4.25 0 64.42
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 8 3 22.75 0 58.75
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 6 7.5 95.33 0 78.5
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) 5 3 23.2 0 71.8
【解説】
内視鏡外科の充実を図り、待機手術ならびに緊急手術においても可能な限り積極的に低侵襲な手術を行っています。
その他にも救急病院として急性腹症の手術を行っており、消化管穿孔、腸閉塞、急性胆嚢炎、虫垂炎、ヘルニア嵌頓などの手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 6 3.83 85.83 16.67 87.67
K0811 人工骨頭挿入術(股) 4 2.75 67.5 25 82.25
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 2 3.5 45.5 0 82
K0821 人工関節置換術(膝) 2 1 38 0 81
K0462 骨折観血的手術(前腕) 1 0 0 0 84
【解説】
救急病院という性格上、骨折などの外傷に対する手術が多いですが、変形性股関節症・膝関節症などの慢性の変性疾患に対しても積極的な治療を心がけております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 3 42 44 66.67 80.33
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 2 0.5 17 0 86
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 2 6 67 50 69
K386 気管切開術 1 12 30 0 89
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 1 14 13 0 89
【解説】
急性期の脳梗塞に対してはt-PAによる血栓溶解療法や急性期血栓回収療法などを行っております。また慢性硬膜下血腫に対する穿孔術を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 7 17.43 14 0 77.29
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 6 2.67 87.17 0 74.5
K5551 弁置換術(1弁) 5 42 139.6 20 75.4
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 4 9.75 13.25 0 74.75
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 4 3.5 89.75 25 88
【解説】
冠動脈疾患でのバイパス手術、弁膜症疾患、心房細動、不整脈や大血管疾患の動脈硬化、腹部大動脈瘤、心性瘤及び解離などの治療を行い、また静脈疾患や末梢血管疾患の下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症の治療もおこなっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 3 1 5 0 56
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 2 14.5 43.5 0 87
K879 子宮悪性腫瘍手術 2 5.5 9 0 78
K8722 子宮脱手術(腟壁裂創縫合術、子宮筋腫摘出(核出)術(腟式)) 1 0 1 0 22
K877 子宮全摘術 1 1 5 0 44
【解説】
当院では高齢の方の婦人科手術必要疾患が増加している感が有り、循環器科の後ろ盾のもと、子宮・卵巣等の手術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 6 0.26
異なる 19 0.83
180010 敗血症 同一 40 1.75
異なる 86 3.77
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04
異なる 2 0.09
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.48
異なる 2 0.09
【定義】
播種性血管内凝固症候群(MDC6:130100)、敗血症(MDC6:180100)、その他の真菌感染症(MDC6:180035)、手術・処置等の合併症(MDC6:180040)について、入院契機病名(MDC6)の同一性の有無を区別して患者数と発生率を表示。

【解説】
播種性血管内凝固症候群(DIC)は、さまざまな重傷の基礎疾患のために過剰な血管凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血管が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病気です。生体内の抗血栓性の制御をはるかに超える大量の凝固促進物質(組織因子)が血管内に流入(出現)することがDICの原因と考えられています。
敗血症は、肺炎や腎盂腎炎といった尿路感染症、肺炎などの呼吸器感染症ほか、胆嚢炎・胆管炎・腹膜炎・褥瘡感染などがあります。
真菌感染症とは心筋がヒトや動物の体の障壁を越えて定着することに起因する感染症です。
手術・処置等の合併症とは手術、処置等の後、それらがもとになって起こることがある病気を指します。医療で用いる「合併症」という言葉には、病気が原因となって起こる別の病気と、手術や処置等に引き続いて起こる病気、また、手術や処置で発生した予期しない病態など、様々な意味を持っています。
更新履歴
H29.09.30
2版 作成

このページのトップへ