診療科・部門紹介

ホーム > 診療科・部門紹介 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

外来担当表

リハビリテーション科のご紹介

 人は大きな病気をすると体が弱ってしまい、歩く、トイレをする、食事をとるなど普段の生活で当たり前のようにできていたことが、難しくなってしまうことがよくあります。 リハビリテーション科では、このような人たちが再び有意義な生活を送れるようお手伝いしています。
 当院には、理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語療法(ST)の3種類のリハビリがあります。
 PTでは寝る、起きる、座る、立つ、歩くなど基本的な動作の練習をします。
 OTでは食事、トイレ、入浴、整容、更衣など日常生活に欠かすことのできない動作の練習や指先の細かな運動、また退院後の生活を想定し、必要に応じて炊事、洗濯、掃除などの家事動作の練習もします。
 STでは人と話す、ものを食べるなどの練習をします。 また硬くなった関節を柔らかくしたり、弱った筋肉を鍛えたり、痛みを和らげたり、体を温めたり、使いやすい道具を考えたり、よりよい生活を送れるようアドバイスをするなど、その人に合ったリハビリを考えていきます。

外来担当表

-
朝診 - 上口 - - 上口 -
夜診 - - - - - -

受付・診察時間  ※休診・代診・お知らせ

スタッフ紹介

上口 正

役職
部長
出身大学
京都府立医科大学
専門
リハビリテーション
学会認定
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション専門医、日本脳神経外科学会専門医、日本病院総合診療医学会認定総合診療医、厚生労働省臨床研修指導医

このページのトップへ